天台観光株式会社

2019年度 輸送の安全に関する取り組み

天台観光株式会社
代表取締役社長 紙透 一雄

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針
  2. 輸送の安全に関する重点施策
  3. 輸送の安全に関する目標と計画
  4. 輸送の安全に関する情報伝達・共有
  5. 事故情報等の収集及び活用
  6. 事故、災害等発生時の対応
  7. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
  8. 安全管理規定
  9. 安全管理体制に係る内部監査
  10. .安全統括管理者
  11. .一般貸切旅客自動車運送事業における安全情報

1.輸送の安全に関する基本的な方針

安全方針
安全は全てに優先する

天台観光株式会社は、『輸送の安全の確保』に関して方針を策定し、それを実践し徹底することにより全社員一同、安心・安全・快適な移動空間の提供と経済走行に努めます

  • 社長は、輸送の安全の確保が事業の根幹であることを深く認識し、全社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また車内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  • 安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  • 輸送の安全に関する情報について積極的に公表します。
  • 現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底します。
  • 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより輸送の安全向上に努めます。

2.輸送の安全に関する重点施策

  • 関係法令及び安全管理規定を遵守します。
  • 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置、または予防措置を講じます。
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、車内において必要な情報を伝達・共有します。

→項目4:輸送の安全に関する情報の連絡体制図**

  • 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を作成し、的確に実施しします。

別添1:乗務員指導計画表**

3.輸送の安全に関する目標と計画

3-1 目標と達成状況

■2019年度 目標
  • 安全確認の再徹底
  • 車庫内接触事故ゼロ
  • 後退時接触事故30%減
  • 業務監査指摘項目ゼロ

3ー2 輸送の安全に関する投資額

3-3 安全教育回数・受講員数

  • 全乗務員を対象とした『運転者に対して行う指導・監督の指針』による事故防止教育(月次教育)
  • グループ別による事故防止運動(3ケ月毎による報奨制度)
  • 点呼における安全、及び運送法規等、遵守事項の啓蒙
  • 安全意識向上乗務員ミーティング(年4回)
  • 事故防止委員会(年4回)
  • 冬期冬山運行訓練
  • 緊急対応訓練(急制動・消火訓練・避難訓練)
  • 適性診断 …一般/3年毎 …適齢/65歳時、以降3年毎 …事故惹起者/事故発生時
  • 適性診断に伴う個別指導(年1回)
  • 事故惹起者を対象とした特別指導
  • 初任運転者教育(座学・実技)
  • 無事故報奨制度
  • 同乗指導、巡回指導
  • 健康診断(年2回)
  • SASスクリーニング検査
  • 脳ドッグ
  • 神奈川県警瀬谷警察署による安全運転講習会
  • 普通救命講習Ⅰ(AED・救急救命)

4.輸送の安全に関する情報伝達・共有

■輸送の安全に関する組織及び指示系統体制を構築し、現場社員から意見聴取し情報の共有を図ります。

5.事故情報等の収集及び活用

  • ヒヤリハット体験記録を社内各所に掲示し、危険箇所等の情報共有を図り、安全運行に努めます
  • ドライブレコーダーによる事故、ヒヤリハット情報等を収集し、事故防止委員会、安全意識向上ミーティング等、運転技術向上、安全意識向上を図ります。

6.事故、災害等発生時の対応

6-1 車両火災発生等緊急時対応

6-2 バスジャック発生等緊急時対応

7.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

8.安全管理規定

1986年 4月1日制定  2017年 4月1日改定

別添4:天台観光㈱ 安全管理規定

9.安全管理体制に係る内部監査

2018年 9月1日 内部監査実施

指摘事項   無し

10.安全統括管理者

社長により選任された安全統括管理者は以下の通りになります。

天台観光株式会社   専務取締役   紙透 要   選任日 2019 年 4月 1日

11.一般貸切旅客自動車運送事業における安全情報